2015年10月09日

ももさん、完全復活!

ブログをサボっている間に・・・大分もすっかり秋の気配紅葉
お散歩に気持ちの良い季節です犬(足)

1008 (2).jpg

左前十字靱帯断裂のケガをして大人しくなっていたももさんですが、、、
1カ月ほどで、ほぼ元通りの生活ができるまでに良くなりましたるんるん
2カ月経過した今では、ドコモ提供 ブラックデビル復活 ドコモポイントでイタズラばかりしていますあせあせ(飛び散る汗)

1008 (1).jpg

一応、経過を残しておきます。
断裂後2〜3日は痛みが強かったようで、消炎鎮痛剤(リマダイル)を飲んでも夜眠れないような状態が
続きましたが、徐々に痛みは和らいでいったようです。
リマダイルは強い薬なので副作用が怖くって・・・痛みの軽減とともに薬の量は減らしました。
一応、10日分処方されてましたが5日くらいで薬は切りました。
5日目くらいには小走りしたり、断裂した左足を軸に足挙げシッコしたり(笑)できてたんで、
ほぼ痛みは無くなっている様子でした。

10日後くらいの再診では「手術の必要はないでしょう。痛みがまた出たら薬を飲んで様子を見るように
してください。まだフリーランは無理だけど、お散歩は徐々に距離を伸ばして大丈夫ですよ」

とのことで治療終了しました。

小型犬の前十字靱帯断裂については
「体重が軽い犬の場合、前十字靭帯が断裂しても、しばらく安静にしていれば、膝関節に起こった炎症が
治まると、関節包(関節を保護する膜組織)が硬くなって、十字靭帯の代わりに大腿骨と脛骨を固定。
歩いたり、走ったりしてもほとんど問題なくなる。これが保存療法である」
と書いてあります。 
※『犬猫病気百科』より

この関節包が硬くなって膝を固定出来るようになるのが1カ月くらいなのかな、、、
その頃には猛ダッシュしたり、ジャンプしたり、動きをセーブするのが難しくなってきました顔(汗)
元気になったのはいいんだけど、靱帯は切れたまんまだし、反対側の靱帯も切れる可能性大なので
無茶な動きはしないでほしいんですけど。。。言うこと聞きませんあせあせ(飛び散る汗)

とち君も元気です! 
1008 (3).jpg

でも、とち君もあんまり膝が丈夫でないのよね。。。
もともと膝蓋骨脱臼があるので(ちゃんと診てもらったことないんだけど、私が触って分かるくらい
だからレベル2〜3くらいかな)注意しとかないと。
今までに3回くらい足を挙げることがあったけど、少し曲げ伸ばしすれば膝が元通りになるのであまり
気にしてませんでした。加齢とともに痛みが出るかもしれないから今度ちゃんと診てもらっとこうかな。

お散歩に絶好の日和が続いてまするんるん
ワンコたちもたくさん歩きたがるので、たくさんお散歩に行きましょう犬(足)


ニックネーム みさりん at 22:30| Comment(2) | 病院 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする